忍者ブログ
2017/04
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
2014/04/05[Sat]


「 いろいろな予感がする 」




まるでめまぐるしく日々が過ぎてゆくので
うかうかしてたら時間に追い抜かれてしまいそう

時代、時代、時代


80年代おわりに生まれた私たちは、気づけばゼロ年代を通り越して
2010年代ももう半ば。

誌面にでてきた気になるフードライターの女の子が
90年代生まれだったりすると、なお驚く
インターネットをいったり来たり、活字と情報の世界を自由に行き来する90年代ニューエイジ!
(そして東京は顔がかわいくなければならない)




ことごとく毎日毎分毎秒、自己の無知さにあきれることばかり

だけど”悔しい”というそれは、糧になって、
わたしは偉人先人先生たちの通って来た道を少しづつなぞっては
あぁ、やっぱり雑誌 relax の中の wanna relax ?のページは最高だったなぁ、
と本に頭を伏せて、紙の匂いをかぎながら振り返る

今見たってかっこいいのだもの


面白いことを考えていたいし、もっと世の中よくしたい
どうやったら先人のその先へゆける ____?


2014/02/16[Sun]





東京に雪が降った



一面白に覆われた東京は、まるで一瞬雪国かと思ったし、
視界が吹雪でにごってかすんだかんじも
都会なのにどうしようもないほど圧倒的な超自然で。

翌日は、みんな引くほど雪だるまを作って
街がバカみたいにかわいい風景になっていたから、本当に、とても良かった


毎年こうやって、東京に雪が降ればいい















さいきん再び考えていたことがあって、

対ひと に対してのことなんだけれど


普段周囲にいてくれるひとたちは、
いちばんだいじな感覚のところを、
ゆわなくてもわかる、という前提で付き合っているひとが多くて

そこが共通してない相手と話すとき、
ものすごく変人扱いされたりして、 ? てなるし、大変疲労する



どうがんばってもあの分かり合えなさ、というのは
なんて言うかリング外すぎるし、平行線だし、
それはもう自分の関係ないところの外側の話として認識していくのが正当て思ってた。


だけれど社会と何らかの形で関わっていかないとだめだって
33、4くらいの何人かのひとが言うから、
きっと彼らの世代になると、そう思うのかもしれないな と
わたしは頭で理解していたけれど、

わたしもそろそろ その時期みたいだ。



黎明期がくるみたいだ。



















2014/01/27[Mon]


Wolfgang Tillmans Neue Welt / Wolfgang Tillmans



10日前の HND − KUL の深夜便のフライトは、

真冬の キン と刺さる寒さの
それはそれは よく澄んだ夜空で、

なかなか寝付けずに、こっそりと窓のシェードを開けて見えた星空は

まるでティルマンスの写真集の表紙そのものでとても美しく、私は息をのみました





Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
count
tool









































忍者ブログ [PR]

PR